あやし皮膚科クリニック病院だより

  • 朝と夜 それぞれ習慣にしたい「免疫力を高める過ごし方」

    自律神経研究の第一人者である小林弘幸氏がすすめる、免疫力を高める過ごし方を紹介します。朝と夜に分けて見てみましょう。  まず、朝起きたらすぐに、コップ1杯の水を飲みましょう。睡眠中に腸は消化や吸収を行っていて、朝は働いて…

  • 毎日の小さな積み重ねできれいになる 「小片づけ」と「だわへし片づけ」

     整理収納アドバイザーの井田典子さんによると、居心地の悪い家には「よどみ」があり、その原因となっているのが、ものが多すぎることだとか。つまり、よどみを解消するには、ものを減らすこと。不必要なものがなくなれば、暮らしがスム…

  • インコが物まねする理由 人と共通するコミュニケーション方法

     人の言葉をまねしておしゃべりするインコ。鳥類は気管の分岐点にある 「鳴管(めいかん) 」を使って声を出しています。鳥類の中でもインコは、鳴管の周りの筋肉が発達している鳥です。そのため、鳴管を震わせると人間が話すような声…

  • ととのってみませんか? 「サウナの正しい入り方」

     「ととのう」という言葉を最近、耳にするようになりました。心がリラックスしていて、頭がすっきりしている状態のことをいいます。この「ととのう」状態になるのに、サウナがぴったりなのです。サウナに入ることで脳の疲れをとり、睡眠…

  • 姿勢や器の持ち方、手の位置に注意! 「品格のあるきれいな食べ方」

     今一度、自分の食べ方を見直しましょう。ポイントを挙げて紹介します。まず、ごはん茶碗は手に持つ。意外にも、ごはん茶碗をテーブルに置いたまま食べている人は少なくありません。そうすると前かがみの姿勢になり、食べる姿が美しく見…

  • 豊かで気持ちいい! 「電気やガスを使わない暮らし」

     ジャーナリストの稲垣えみ子さんは、冷蔵庫や洗濯機など家電のない暮らしを10年以上続けています。1カ月の電気代はなんと230円程度で済んでいるのだとか!そんな驚きの暮らしぶりを覗いてみましょう。  稲垣さんは新聞社勤務を…

  • 家事や仕事の合間に簡単体操! 毎日行いたい、「骨トレ」

     年を重ねるにつれて大切なのが、骨を健康に保つこと。とくに女性は50代以降、ホルモンの関係で骨密度が低下し、骨がもろくなります。そのままにしておくと、60代以降に、転んだだけなのに骨折してしまうといったこともあります。さ…

  • 「かくれ繊細」から脱出して ラクに生きよう!

     「繊細さん」はナイーブな性格で感受性が強く、考え方が複雑な人。そんな繊細さんの中に、表向きは明るく振る舞っているけれど、ひとりになると落ち込むといった「かくれ繊細さん」がいます。かくれ繊細さんの特徴は社交的で…

  • 4つの効果を意識して 「観葉植物」をインテリアにとり入れる

     グリーンプランナーの森田紗都姫さんによると、自分の目的やライフスタイルに合った観葉植物を選ぶことが大切だとか。何となく買った観葉植物だと世話を怠りがちで、結果、枯らしてしまうことにもなりかねません。とり入れる目的や暮ら…

  • 相手に共感し、聞き上手になる! 「人に好かれる話し方」

     心理コンサルタントの大久保雅士さんによると、人の心をつかむのに必要なのは、最初の8秒だそうです。8秒間、笑顔でアイコンタクトをし、相手の話に興味がある表情をプラスします。これで相手は自然と好意を持ってくれるでしょう。 …